2021年03月07日

還暦記念再会ツアーの開始

 昨年スタートしようと思っていましたが、コロナに阻まれ今年こそはとのマイ企画を昨日からスタートさせました。題して『還暦記念再会ツアー』です。
 これまでご無沙汰していた友人・知人・先生にリアルで会って話をするというただそれだけなのですが、遠くにありて思うものであった人と実際に会うのは実に刺激的です。

 昨日そのはじめの一歩として会ったのは、大学入学時に入寮した学生寮で同室だった2年上の先輩です。横浜在住の先輩と東京駅で待ち合わせ昼間からビールを飲みながら楽しいひと時を過ごしました。(昼間からビールを飲むのは何十年ぶりでしょうか)緊急事態宣言延長中なのにと眉をひそめる方ももしやいらっしゃるかもしれません。しかし東京駅はなかなかの人出でしたね。私がコロナについてどう考えているかは本稿で論じるつもりはありませんので、とりあえず横に置いておきます。

 人生の残り時間を思う時、顔と顔を合わせて話しをする人との関係は何にも代え難いと思うようになってきました。それだけ私が歳を取ったということでしょう。年賀状だけでは計り知れない積み重ねてきたことを、ほんの僅かな時間で埋めることはできないと改めて思いました。儀礼的なお付き合いを続けることを極力減らしながら、リアルで会いたいと思う人との付き合いを大切に長く続けられればと考えています。

 別れ際、今度は寮の仲間たちと一緒に盛大にやろうぜ!との先輩の言葉に頷きながら帰途につきました。実に刺激的なタイムスリップしたような良い時間でした。さて次は誰と会おうかな。
posted by 施設長 at 07:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

遅ればせながら

 これまで緊急時の連絡でも何でも、職務上の連絡に用いる通信手段は職員各自が保有するスマホでした。それを今回遅ればせながら、ガラケーではあるものの携帯電話を3台購入して、施設業務の連絡用に導入しました。
 仮に個人所有の携帯電話を使用するにしても、業務上使用した通信料が適正に支払われればまだ良いのですが、その線引きの難しさから手つかずのままになってきました。それを対外的な連絡の際に、個人情報流失の可能性も高まってきていることから、職員からの提案を検討した結果、導入となったものです。
 今後も少しずつこうした改善を積み重ねていければ良いですね。それは一方通行ではないことですから、私を含めての職員側も自己研鑽に努めなければならないでしょう。それらが全てメンバー支援に活用されることを願います。

7AC458FD-BCDF-45E6-8C06-548D53E554D0.jpeg
posted by 施設長 at 06:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

吉報の後で

 先週12日は公認心理師試験の合格発表日でした。私は今回受験をパスしましたが、私の友人が受験していたので連絡を取りました。
 結果は予想通りの合格!心からのお祝いを伝えました。この友人は郡山市で特別支援学校の先生をしていて、社会福祉士の受験講座で知り合い、他の5〜6人と共にラインでグループをつくって今も連絡を取り合ったりしています。

 彼女も今回の受験を躊躇したそうですが、新年度に勤務校が変わることから、受験することにしたそうです。結果はお見事でした。社会福祉士受験の合格後に精神保健福祉士、今回の公認心理師合格と着実な歩みを続けておられて本当に頭が下がります。
 将来的には自分で施設運営を考えておられるようで、そのためにも多方面の学びをしたいとの考えから資格試験にチャレンジしていました。話しを聞いていて興味深かったのは、教育の現場にいて、社会福祉士の学びをし、公認心理師受験の学びで心理学を学んで、悩みが深くなったと言っていたことです。これはきっとマイナスの意味ではなく、違った角度から問題を見つめてみると、一筋縄ではいかない多層構造が見えてきてのことだと思います。学びを深めれば、迷いも増すものかもしれません。

 土曜日の夕方にそんなやりとりをした後、私はいつものように早めに床につきましたが、大きな揺れで目を覚ましました。それでも起きることはしないでそのまま寝てしまい、翌朝地震の全容を知って、先の友人や元パートのSさんや仙台にいる友人に連絡を入れました。皆ご無事で何よりでした。
 仙台に住む大学時代の友人は、3.11の時よりも自宅が揺れたと言っていて、地震の大きさを思い知りました。
 今回は津波が無いのが救いでしたが、震源に近い場所にお住まいの方々が一日も早く日常を取り戻せますように、心から祈ります。
posted by 施設長 at 07:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする