2018年07月12日

我が妻ながら

 凄すぎる!あまりにすっ飛んでいると思いました。
 私は妻から老人福祉関連のことを色々聞くのですが、それが、事実は小説よりも奇なりで、抱腹絶倒話しがゴロゴロなのです。でも、妻の今日の話しはかなりすっ飛んでました。

 妻自身の話なのですが、

『今日私さぁ、すごいことに気がついちゃった!』

と半ば興奮気味に言うので、

『何?また利用者さんのとんでも話?』

と聞き返すと、

『これ利用者さんの家で見て、便利だから私も100均で買ったの。ハンコを押すのにフタがパッと開くやつ。ハンコも一緒に買ったんだけど、この一年ずっと【鈴木】のつもりでいたら、線が一本多いのよ!【鈴本】だったの!それを公的文書にも押し続けていたみたいなんだけど、何にも言われたことないから気がつかなかったのよねぇ〜。』

当方絶句!見たら本当に【鈴本】!
演芸場じゃあるまいし!いやはや、開いた口が塞がらないとはこのことです。すごいねここまでくると。

娘にも話したらしいのですが、娘は一言『線を一本削れば使えるじゃん!』だって!消しゴムハンコじゃないんだからさぁ〜。

でも私にとって、こんな話しが一番疲れが飛ぶんだな。妻に感謝‼️
posted by 施設長 at 21:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください