2020年11月20日

決めポーズ

 音楽活動の中でのメンバー達の決めポーズをご覧ください。
D5178D97-E639-4BE9-BC89-355D22290EB3.jpeg
5BB9F4C6-9F5C-4D45-8531-DAD23B35E239.jpeg
65AA25A7-69BF-40E5-8432-61420643AC59.jpeg
62FA21A0-5CBD-40E8-8885-393A8A74AD5A.jpeg
756D5FC4-4024-426D-82D3-7E1AF7F63353.jpeg
最後のAさんの決めポーズ、本当に決まってますね!即興でこんなポーズを決められるメンバー達、最高です!
posted by 施設長 at 07:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

今はこんな気分で

 井伏鱒二の言葉を思い出し、ちょっとしんみりした気持ちでいます。

 花に嵐のたとえもあるぞ 

 さよならだけが人生だ
posted by 施設長 at 07:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

『千里の道も一里から』の仕組み作り

 一昨日の土曜日で今年の走行距離が1,000キロに達しました。
 これまでも何度か継続的なランニングは経験していていますが、今回のように長続きしているのは初めてです。
 これは私の意志の力だとか、体力などの要素よりも、続ける仕組みを上手く作れたことが大きかったと得心しています。

 走り初めはシステム手帳のカレンダーに、走った日には○をつけ、走った距離を記入していました。体重が現在よりも8キロ多いことを差し引いても記録を見返すと、現在より走り方にムラがあることが見て取れました。それが3月くらいから、週に平均5日の走行がコンスタントに継続できるようになり、それには、スマートウォッチの存在が大きかったと思っています。
 スマートウォッチで1キロあたりの速度と、心拍数を確認しながら走り、週末・月末にはその時々の走行記録が、同じように走っている人の中でどれくらいに位置するのかが分かることで、走ることへの意欲を後押しをしてくれました。
 また、VO2MAXを計測できるので、自分の心肺機能がどれだけ向上しているかもチェックできて、体力を維持向上できている確認が容易でした。これらの情報を得て、ランニング効果を日々体感できることが継続への大きな力となりました。

 走ること自体はダイエット目的ではじめた訳ではありません。当初は、3月末に行われる予定だった、埼玉県高齢者剣道大会で優勝を目指そうという目論見があり、それには身体を絞らなければ戦えないので、ランニングを継続しようとの思いがありました。コロナで大会が無くなり、走ることのモチベーションが失せそうなタイミングでスマートウォッチによる計測を始めたら、走ることの具体的効果を短期・長期的に確認できる面白さにハマった感じです。

 何かをする時に、経過を可視化することの重要性を学んだ気がします。そして、可視化・細分化した情報を確認して分析するツールを持っていることがこれだけ重要だと知りました。

 面白さを体感することで継続は容易になります。今、異なる分野の勉強に応用しはじめているところです。結果を出すまで我慢する、のではなく、途中経過を楽しむことが継続するために肝要なんですね。

 これからも楽しみながら続けてみようっと!
posted by 施設長 at 07:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする