2019年11月23日

母を(父も)訪ねて三千里

 今朝は奈良にいる両親に会いに行く途上で、新幹線車内から投稿しています。
 定期的に会いに行くのですが、12月は全ての土日に所用あり、今日を選びました。が、昨日の昼頃、母から電話がありました。

『お父さんが吐いたりして調子があまり良くないから今回は来なくて良いと伝えてくれないか、というので電話したの。』

『吐いたりって、大丈夫なの?すぐに医者に行ってね。』

 このブログでも以前書きましたが、父は97歳で、来年1月には98歳です。それで吐いたりとなれば、ただごとではないのではないかと案じました。

母とのやりとりをした後、予約してあった新幹線をキャンセルしました。東海道新幹線を定期的に使うので、EXカードを利用しているのですが、予約やキャンセル、予約の変更がスマホで即できるので大変便利です。ちょっと楽しみにしていたのが、帰りの新幹線のグリーン席でした。早割で普通指定席にわずか足すだけで乗れるので、楽して帰ろうと思っていました。が、それもあぁキャンセル!

 空いた一日に何をしようかと思い巡らしていました。すると、夕刻の会議中にまた母から着信。もしかして危篤状態になったか?と電話に出ると、

『忙しいところごめんなさいね。実はお父さんが、体調が良くなったからやっぱり会いたいって言うの。』

『えっ!?吐いたりしたって言ってたでしょ?』

『ええ、でも普段通りに大丈夫になったってって。そんなわけなので、来られたら来てください。』

『新幹線の予約キャンセルしちゃったから無理かもよ。満席で✖️印ばかりだったから。じゃあ後で調べて電話します。』

マジかぁ。それだったら慌ててキャンセルするんじゃなかった!会議の後で予約サイトから見ると、やはり満席状態でこれはダメかと思いきや、のぞみでなく、ひかりでグリーンなら空いているのを発見。迷いましたがこれを逃すと年内会えないのだからと、グリーン席をポチッと押して予約完了。帰りの席は比較的空いていて、土曜日は泊まるんですね京都あたりに。ですよね〜。

 母に予約を取り直したので、行く旨を伝えると喜んでくれました。

 家を出た時は氷雨でしたが、名古屋を過ぎて新幹線車内から外を見ると、快晴!天も応援してくれているのでしょうか。良かった!





CA20B32C-370F-40CF-8246-FE89813CE57F.jpeg
posted by 施設長 at 08:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

消費税増税後の変化

 普段はあまり触れていない内容について、今回は書いてみようと思います。
 消費税が8%から10%に引き上げられましたが、現在その影響はどのように現れているか実感されていますでしょうか?

 私の日常で明らかに違ってきているなと思われることを1つ紹介します。

 私が元気工房に施設長として入職して以来、変わらないのは朝の通勤時間です。それは、何でそんなに早く来るのかと訝しく思われど、さして評価はされないというものですが、6時前に来なかったことはありません。平均すれば5時30〜40分くらいでしょう。何でそんなに早く来ているのかという理由はくだくだしく述べません。

 さて、本題の、消費税増税後に明らかに違うと感じている通勤風景を紹介します。それは、早朝の交通量が増えている、ということなのです。はっきりそれと感じられるほどに違います。これまで、早朝であるが故にすれ違うことのなかった裏道で、すれ違う車の数、信号待ちしている車の数、はっきり違うなぁと感じます。

 何故でしょう?私の1つの仮説は、定年退職して家に居た高齢者(というほどのお歳でない方)が、増税後に危機感を持ち、働きに出ている、というものです。日中の時間帯よりも早朝の方が割り増し分が付き、早めに仕事を上がって日中の時間を有効に使うという行動パターンがあるのではないかと推測しています。

 これは年金受給が今後どうなるのか不明な点や、介護保険サービスでの支払いが一般的な退職者の場合にアップしているという現実を踏まえた上での行動と言えるのではないでしょうか?

 増税後のわずか2ヶ月弱での定点観測からの仮説がどれほど的を得ているかは分かりません。ただ悲しいかな、定年退職後の人の動きに変化があるとしても、その人たちが福祉分野に流れてきているという実感は無く、また耳にもしないというのも現実の一つです。

 
posted by 施設長 at 07:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

Sさんからの報告

『あのね、Sさんから誕生日のお祝いもらったよ。』と、トイレで連れションを(失礼!)している際に、Sさんから告げられました。
 メンバーもSさん、プレゼントを贈った人もSさんで、イニシャルが同じなので混同しそうですが、Sさんは元気工房の元パートさんです。

 メンバーのSさんが私に教えてくれたのには訳があります。先週の彼の誕生日に、私が『Sさん、誕生日おめでとう!』と告げ、その翌日に今度は『昨日はSさんからおめでとうメールがあったんじゃないの?』と聞くと、寂しそうに『ないよ。』と応えました。そこで、『Sさん忙しいんじゃないの?それともこれからかな?』と言ったのですが、それを覚えていての『報告』でした。

 『サリーをもらったんだ。カードも。Sさんと話したよ。』と嬉しそうに話してくれました。
※サリーというのはメンバーのSさんが好きなキャラクターのことです。

 いつまでも気にかけてくれる人がいるって素敵ですね。
posted by 施設長 at 07:18| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする