2016年12月31日

中トロ好き

今年は9月にバイク事故で骨折、入院ということがあったので、ブログもご無沙汰になりそのまま書かずにいたのが、ここにきての連投。しかし、我ながら回りくどいなぁ〜。二つ前の記事など正にその極致!

でも何かを連想して、あぁそういえばこれはあれと似ているな、とか思いながら書くのが私のスタイルなので、読んでくださる方は辛抱してください。

今年の大晦日。テレビは見ずにジャズを聴きながら、中トロをつまみにワインを飲んでゆったりしてます。この時期は中トロの良いのがお安く出るので必ず買ってます。ウマし!でも定価で買うのに抵抗があるので、みんながテレビ見始める時間に買いに行って、割引きされたものを買ってきました。

メンバーはテレビで紅白歌合戦を見ているのかなぁ。
posted by 施設長 at 20:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

今年もお世話になりました

今年も今日一日で終わりです。

今朝、ガソリン給油に行ったら早くから洗車のための長蛇の列ができていました。最後尾は確実に1時間以上待つだろうなぁと思いながら給油をしていました。私には到底できない我慢です。

待てよ、待てよ。今年一年間、メンバー・保護者の方々・職員・関係者各位は、ひょっとして『到底できない我慢』をしてはいなかったのか?そう考えたら居ても立っても居られなくなりました。(少しオーバーに言ってます)皆様、大丈夫ですか?そんなことありませんでした?そうでしたらこの場でお詫びいたします。

 何はともあれ大晦日。ブログ読んでるヒマなんかないですね。
 良い年末年始をお過ごしください。

 今年一年も大変お世話になりました。
ありがとうございます😊


posted by 施設長 at 09:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

私に必要な極圧添加剤は?

2016年も後わずかで終わろうとしています。今年も色々あったなぁと思いつつ振り返っていて思いに浮かんで来たことが『私に必要な極圧添加剤は何だろう?』でした。そもそも極圧添加剤って何なの?ですね。回りくどい説明にならないように注意しつつ。

以前このブログで私の職歴をかいつまんでお話ししたことがありました。福祉から金属加工業への工具営業へという転身がありました。そこで金属加工の基礎から学び、工作機械での加工プログラムから切削液のことまで幅広く知識を習得していきました。全てが加工に欠かせないファクターだったので学ばざるを得なかったのですが、極圧添加剤とは切削液の範疇に入ります。

金属を削るのに必要な刃物と機械の影に置かれてしまいがちで実はものすごく重要なのが切削液です。金属を削る時に刃先は何千度という非常な高温になります。そのままにすれば工具寿命は極端に短くなり、加工に支障をきたします。物と物が触れ合えば摩擦が生じ、大きな熱が発生しますが、この熱の発生を抑えるために『冷却』『潤滑』『極圧』効果をもたらすのが切削液です。
『冷却』は文字通り、冷やす働きです。一番冷却効果があるのが水です。ただ、水は潤滑性に乏しいので油が使われもします。要は、水の粒子が物と物の滑りを良くする前に蒸発してしまうので、油を使うわけです。水は100度で沸点に達しますが、油は数百度まで持つので、油の粒子がボールベアリングの役割をして、滑りを良くするために使用されるわけです。ところが、普通の油では役に立たない場合も出てきます。油の沸点を超えてしまえば油の粒子もベアリングの用を足さなくなります。物と物が高圧で接する環境では油の粒子が飛んでしまい、焼き付けを起こしてしまします。そんな時に使われるのが『極圧添加剤』です。その名の通り、極端に圧力がかかる環境下で粒子が熱で壊れずベアリングの働きをするのが、極圧添加剤なのです。

分かりやすい例を挙げてみましょう。直径が50㎜の鉄の棒を2本持ってきて、両端を接し、それぞれの棒を回転させて大きな力で圧するとどうなるでしょうか?両端が溶けて圧着し、まるでハンダ付けしたようにくっついてしまいます。ところが極圧添加剤を入れた切削液を塗布すると、焼き付けを起こさずに2本の棒は回転し続けます。
ものすごく長い前置きになりました。私が何を思ったかといえば、物と物ではなく、人と人の間に生じる摩擦・軋轢から関係を破壊に至らせる『熱』を生じさせないようにする『極圧添加剤』は何だろう、それが私には必要だ、とのことなのです。

私に、いえ私だけではないでしょう。全ての人に必要な『極圧添加剤』。それは『感謝する心』と『その感謝を言葉でつたえる』ことではないでしょうか。私のこれまでの失敗はほとんどこれをしなかったことにつきます。自分が忙しく動き回っているとき、よく感謝を忘れます。するつもりでいても『その時』にせずにアウト!なんてことは日常茶飯事でした。本当に『言うは易く行うは難し』が、感謝を人に伝えることですね。

新年からは『感謝する心と言葉』を忘れずに生活したいと切に願います。『なんちゃっておじさん』にならないように気をつけます!!
posted by 施設長 at 20:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする